-*TRPGおすすめシナリオ 白夜の歌 前編(バレなし)*-

TRPGは楽しい! TRPG
TRPGは楽しい!
スポンサーリンク

ごそごそとファイルを漁る。
CoCでプレイしたり、KPをした中で、拾い上げたのは――ひとつのシナリオ。
そう、全身全霊でおすすめするCoCシナリオである。

こんにちは、黒豆猫です(=^・・^=)

そこそこいろいろなシナリオを経験してきましたが、なんというか、二人プレイ用が多いというか。
まぁ、ほぼ固定で遊んでいただいているのでそりゃそうなんだ!って話ですが。

で、多人数でもやっぱりすごく楽しかったシナリオって結構あるんですよね。
しかしだ、しかし。

一本に絞ると確実にネタバレ祭りになるんだよなぁ……。
というジレンマ。

少し迷ったのですが、やっぱり楽しいものは楽しいですし、紹介もしたいし、とぐるぐる考えたうえで!
えぇ、もちろん!どうせならプレイしてほしさはあるけれど!
後から後悔することもあるんですよこれが。私の場合それが【沼男は誰だ】
すごい後悔したよね。まさか自分がTRPGやり始めるようになるとは思わなかったから。

ネタバレをしない前編ネタバレもりっと後編で分けてしまうか、と開き直りました。
何度も言いますが後編はネタバレありです。
今、TRPGプレイしてなくても今後するかもしれないとかある方は閲覧非推奨です。

はい。

とながーい前置きをしまして、紹介するのは、ユニット『朔(サカツキ)』様制作
【白夜の歌】

【白夜の歌】というシナリオタイトルなのですが、【白蝕】というもう一本シナリオが入っているシナリオ集に収録されているものです。
これね、2016年5月に販売されたシナリオ集なのですが、現在購入不可。

うん、少なくとも2019年2月現時点では、売り切れてて買えないんですよ。
でもね、Twitterとかで【白夜の歌】で検索すると、プレイヤー募集をされている方や、感想だとか、語り尽くしだとか、たくさん見ることができます。
今でも、多分熱狂的なファンは多いんじゃないかなぁ(私も含めて)

前編は当たり障りなく、あらすじやら何やら。
それと、参加させていただいた自分の探索者について置いておきます。

何度もしつこいくらい言いますが、近々書く予定の後編はネタバレありです。
注意してね。今回はあらすじ程度です。

■CoCシナリオ:白夜の歌

夏の壱岐島に始まり、白い砂に覆われた世界の謎を解く『白夜の歌』

引用元:https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=149926

◆シナリオ傾向とあらすじ

  • PL3~5人
  • テキストセッションで約20時間前後(音声で4~5時間とのこと)
  • 長期シナリオ
  • 山場でのSANチェックが高め

探索者達は、それぞれの理由で、長崎県にある壱岐島へ調査へ向かうことになります。
理由やきっかけはKPがPLへ各人へそっとお渡ししますが――例を上げるなら。

学生ならば、調査にアルバイトに志願したり。
研究者ならば、調査内容に心惹かれたり。
武道に長けているならば、他の探索者たちの護衛にと依頼を受けたり。
もしかしたら、調査に訪れる人たちのガイド役だったり。
物見遊山のスポンサーだったり。

探索者ごとに、PLごとにきっとその理由は様々なことでしょう。

そうして集まった彼らが迷い込むのは――

と。
どこまで自重しようかな、と思いましたが、そうですね。
シナリオ本にも書いてあるのですが、【絵本や幻想小説のような世界を歩いて楽しめるPL】が向いています。

現代日本準拠で探索者を作成してもらうのですが、その舞台はかなり早い段階で【異世界】になります。
【異世界探索もの】のシナリオなので、多分、合わない方もいらっしゃるんじゃないかな……。
と考えたのでここまで書いた。

大まかな傾向としては、探索メインに戦闘も少しあり、世界の謎を解きながら進むシナリオです。
あとNPC最高だよ。

あとこれもごりっと押していきます。
セッション用のオリジナルBGMがあるのですが、作曲がラマーズPなんですよ。
豪華……あと曲めっちゃ良い……。

◆探索者に推奨する技能と職業

探索難易度はそこまで高くはありませんが、やはり持っていてほしい技能が複数あります。
情報を得ていきたいのであれば、PL全員でそれなりにカバーするのが大切ですね。

下記、星の数は取得優先度です。

【推奨技能】
★★★:なるべく高い数値での取得を推奨
芸術(音楽系)
乗馬
医学(応急手当)
コンピューター
目星
図書館
歴史
電気修理
戦闘技能
★★
精神分析
ナビゲート
聞き耳
忍び歩き
隠れる
機械修理

鍵開け
投擲
地質学
生物学
博物学
考古学
オカルト
電子工学
【推奨職業】
現地ガイド
エンジニア
コンピューター技術者
大学教授
古物研究家
精神科医
超心理学者
学生
ディレッタント
用心棒
自宅警備員
ビデオジャーナリスト等
誰かひとり、現地ガイドがいると色々と楽です。
【現地ガイド技能】
・職業技能ポイント
 【EDU】x20
・職業技能
 ナビゲート、歴史、乗馬、芸術:民謡、応急手当、目星、値切り
・特記
 自分の専門の地域に関し、歴史・ナビゲートに+10%のボーナス

めっちゃ初心者さんおいてけぼり記事ですが、ルールブック+2015サプリがあれば何を言っているかはわかるかなって感じのつもりです。
あとこのシナリオそこまで初心者向けではない気がするけどな!
いや、初心者さん歓迎するけど!

この技能・職業辺りのルールを詳細に記載すると、ルールブックをもはや買わずとも良いんじゃね?って感じになっちゃうんですよねぇ。
あんまりよろしくないと思うので、私は控えます。

■参加した自キャラ

参加したのは、もう1年以上前だったと思います。
思いますが、その時参加した探索者は今も現役ではあるのでちょこっと紹介。

「別の仕事でね、ここに来ていたのよ。来る前に聞いたのよね、何かの調査をするとか何とか」
「まぁ折角だし。ちょっと物見遊山も兼ねてついていこうと思ったわけ。丁度数日空いていたしね」

 

名前:雷坂刹那 (女)  職業:陸上自衛隊員(二佐)  年齢:33歳

——————————
STR:13  DEX:12  INT:15  アイデア:75
CON:18  APP:12  POW:13  幸 運:65
SIZ:15  SAN:38  EDU:18  知識:90
H P:17  M P:13  回避:50  ダメージボーナス:1d4
——————————
[技能](職業技能点:310 個人技能点:150)
[職業技能]
回避:50(24+26)%  こぶし(パンチ):82(50+30+2)%  マーシャルアーツ:99(1+79+15+4)%
拳銃:80(20+60)%  応急手当:65(30+35)%  忍び歩き:80(10+50+20)%
機械修理:52(20+30+2)%
[趣味技能]
聞き耳:89(25+55+9)%  目星:94(25+55+14)%  地質学:6(1+5)%
[その他技能]
クトゥルフ神話:12(0+12)%  歴史:29(20+9)%
——————————
自衛隊員の二佐。女ながらにかなりのスピードで出世した33歳。体力がウリ。
武道に長けた家、雷坂家の少し遠い親戚筋の者ではあるが、余り交流は無い様子。
別の仕事で近場まで訪れ、少し空いた日を使って調査に参加した。

最近、わんこのようにくっついてくる青年と出会った。
——————————

白夜の歌のために作成した探索者なので、当時は全体的な技能値はもう少し低かったです。
確か歴史は、白夜の歌で取得した技能ではなかろうか。あとクトゥルフ神話技能もな。
※クトゥルフ神話技能は初期キャラでは絶対に入らない数値

2015サプリから、特徴【実は生きていた】を持っています。
生き残るすべに長けているため、「死からの生還」ルールでかなり有利になります。
まぁ、死なないようにしたいし、死にかけたことがないので使ったことないけどね!

戦闘と探索どちらが得意かと言うと、どっちかと言えば戦闘向きの探索者。
護衛として参加したしね。

でも、何気なく応急手当、機械修理を持っていて、必須三大技能(目星、聞き耳、図書館)のうち、目星聞き耳が90前後なので割とオールマイティに使いやすいです。

白夜の歌では、1d10(10面サイコロを1個振る)の拳銃より
2d3+1d4(3面サイコロを2個振る+4面サイコロを1個振る)マーシャルアーツ(MA)が乗ったこぶしの方が安定して強かったので、こぶしばっかりしてました。
最低ダメージ1(拳銃)と最低ダメージ3(MAなしで2)の差は、小さいようで大きい。
あと途中でメリケンサック拾ったので(ダメージアップ)

護衛としての役割はしっかり果たしてたんじゃないかな……。
ちなみに彼女のダメージはメリケンサック込みで、固定値9なんじゃないかってくらい、9ダメージを連発していました。
つよい。

最後の最後、やばいときには(それまでがいかにぼろぼろでも)根性を見せる女性でした。

■セッションについて

と、いうことで、半分は自分の探索者の話をしてしまいましたが、ネタバレなしというと書けること本当少なくて。
あと、今月中に続き(ネタバレあり)を書く予定ですが、リプレイに近い……ですが。
他の探索者さんを無断でお借りするわけにはいかないので、文章も挿絵もその辺り当たり障りなく無難な感じになります。
※探索者さんのお名前とか伏せるよ

で、だ。
一応ですね、【白夜の歌】は、KP経験が2回ほどあります。
つまり、時間を作ることさえできれば、セッションを行うことができちゃうんですよね。

気になる、という方は、お問い合わせフォームからつついてみたり、もっと時間に余裕を作れたらTwitterとかで呼びかけたりします。
今は仕事&ブログ&PFLSでくそほど忙しいので、最悪PFLS終わってからかな……。
あとFF14もやってるしな……。

でも、なんとかしてまたTRPGはわいわい遊んでいきたいですね。
1日24時間じゃたーりねーよー!!

ってことで。
また次回!!!!

 

コメント