-*Switchの音ゲー ストーリーと音楽で一押しDEEMO*-

☆ ソフト・アプリ
スポンサーリンク

音ゲー、リズムゲー……実はこの手のゲーム、結構好きで。
高校生時代はポップンミュージックに夢中になっていて、めっちゃバチバチバチバチ叩いていて
今は、スマホや携帯ゲームでも音楽ゲームが多数出ている。

こんにちは、黒豆猫です(=^・・^=)

世の中は嵐で盛り上がっていますが、好きは好きだけど記事にするかどうかはまた別の話ということで。
はい、今回はおすすめのSwitchの音ゲーソフト、【DEEMO】についてです。
ニュースサイトを眺めていたら、どうも新しい楽曲追加パッチが出るみたいで、ついつい。

音ゲー……音楽ゲーム、リズムゲームとも
     流れる音楽に合わせて、画面に現れるアイコンをべちべちタップしたり、ボタンを押したりするゲーム
     音ゲー界には怪物がいる

正直Switchでおすすめできる音ゲーの中でも、【DEEMO】は最高峰だと思っていまして。
というかね、もうね、音楽が最高。

音ゲーとしても楽しんでいたんですが、正直音楽を聞きたくてサントラ(CD)に手をだしましたとも、えぇ。
最高。

DEEMOってそもそもなーに?

【DEEMO】は、もともとはスマホで出ていた【ピアノロール型音楽ゲーム】

なんのこっちゃと言いますと、上から【ノーツ】と呼ばれるアイコンが音楽に合わせて降ってくるんですが。
下のラインに合わせて、鍵盤なり、画面なり、ボタンなりを叩くタイプの音楽ゲームですね。

もう見てもらったほうが早い件
ちなみにこの動画はどっちかっていうと化け物というか化け物に近い人の動画
一般人はもっと【ノーツ】は少ない難易度でやるよ

上の動画はDEEMOのプレイ動画ですね。

収録されている音楽は、ピアノ楽曲、また、ピアノ伴奏の曲がほとんどです。
ピアノの音が好きな黒豆猫としては、ゲームとしてももちろん大好きなんですが、CDでじっくりしっとり聞きたくなります(笑)

また、DEEMOにはストーリーが用意されていまして。

城の中で一人で暮らす、真っ黒な背高ノッポなキャラクター、【DEEMO】
そんな彼が暮らす城に、空から落ちてきた【少女】

少女は記憶を失っており、彼女を元の世界に返そうとDEEMOは思うわけですが。

いやね、このね、ストーリー。
語彙力が消えゆくんですが、有り体に言って、本当もう、最高で。

あまりべらべら喋るのも野暮というものですが、黒いキャラクター【DEEMO】と空から落ちた【少女】
この2人には深い関わりがあります。

凄まじくネタバレになってしまうので、それは避けたい身としてはその正体も、関わりが何なのかも口は割れませんが(探せばネタバレはあります、もちろん)

その物語がどう紐解かれているか、流れが素敵なので、この記事ではそこに触れたいと思います。

音楽とイラストに秘められたDEEMOと少女、仮面の少女の秘密

DEEMOでは、ゲームをプレイすればするほどに、木が成長します。

この木を育てていくことで物語が進み、プレイできる楽曲が増えて、また【DEEMO】【少女】の秘密も明かされていくわけですが。
進めていくと、【仮面をつけた少女】が現れ、彼女とも関わっていくことになります。

彼ら、彼女たちのことは、プレイヤーはまだまだ知らないことがたくさん。
物語を進めるということは、【DEEMO】たちを知るということができる。

そのキーのひとつである、ピアノにぶっ刺さってるように見える木。
音楽ゲームが初めてでも苦手でも、簡単な曲でどんどん成長していくので、そこに心配はいりません。
だからこそストーリーに引き込まれて、もっと先がみたい、となっていくんだけれど。

DEEMOの面白いところの一つとして、木が成長し、進む物語の他に、【音楽そのもの】【イラスト】に意味が隠されていることがあります。

【Light pollution】【Metal Hypnotized】など、イラストに鍵盤がある場合、黒い鍵盤に必ず【DEEMO】が描かれています。

こんな風に(あと曲ぜひ聞いてほしい)

黒い鍵盤側の世界、白い鍵盤側の世界。
……黒い鍵盤側の世界に、DEEMOは、いる。

と、考察されております。
考察班はやばい。何がやばいって、思考がすごい。でもめっちゃ納得する。

考察された方の言葉を借りてきましたが、一曲にメッセージが込められていたり、DEEMOの世界観を覗かせてくれるイラストや音楽が多いんですよ。
個人的には雰囲気も好きなのですが。

こういうところを考えることができる、DEEMOの魅力のひとつです。

DEEMOに興味を持っていただけたあなたに

正直、「音ゲーやってみたい」とか、「音ゲーやってる!」という方なら、Switch版を買ってしまえ!!とめっちゃおすすめします。

まぁ、というのも、まず画面が大きくて快適。

あとは楽曲数の違いもありますね。
Androidだとアプリは無料で結構たくさん遊べるのですが(iPhoneだと240円60曲+α
Switch版は3,000円となりますが、その収録曲数、なんと200曲超え。

加えてアップデートで曲は増えていきますし、1月29日での「楽曲追加パッチVer1.5」で、現在271曲。
あそびきれねーよ!!

追加分は嬉しいことに無料なんですよねぇ。

雰囲気めっちゃ好き!
Switch音ゲーいろいろあるけど迷う!
ストーリー追っかけてみたい
考察好き!

なんて方々には迷わず、Switch版をどうぞ!!

 
ピアノ楽曲が好きな方、あとはこの……
Millさんの歌声に惚れた方、好きな方!
私は大好きだ!!!!
 
もちろんサントラもあるんですよう~~~~(手もみ)
 
 
とまぁ、最後の最後でぐいぐい推しちゃったわけですが、Switchを持っている方なら体験版もあります。
Androidユーザーであれば、途中までは無料でプレイも可能です。
 
私もね、最初はAndroidアプリで知って、そっちから入ってきた勢なので。
雰囲気を掴むには、お試しをするなら体験版で遊ぶなり、Androidユーザーならアプリをさわってみるなりしていただければなーと思います。
DEEMO

DEEMO

Rayark International Limitedposted withアプリーチ

 
DEEMOは、良いぞ
 
(=^・・^=)

コメント