-*スナック菓子は高カロリー!カロリーオフの美味しいベイクドポテト*-

あすけんトップ 食べるもの
あすけんトップ
スポンサーリンク

2019年11月に二型糖尿病と診断されてから、早3ヶ月近く。
糖質オフや、糖質0、はたまたカロリーオフ商品というものは豊富だが、ほとんどのラインナップは甘いもの。
うん……そうなんだ、私はどっちかっていうとしょっぱいもの派なんだ……。

こんにちは、黒豆猫です(=^・ ・^=)

糖尿病と診断され3ヶ月、退院してから2ヶ月ほど……。
普段の食事は、炭水化物を控えてお野菜たくさん、といったところでそこまで劇的に変化したわけではありませんが、それはそれとして、です。

糖尿病教育入院記はこちら⇒【-*糖尿病 教育入院記*- -Ⅰ-】

おやつが食べたい。
ででーん。

いやね、あのね、嗜好品だから控えないといけないのは分かっているんですよ。
そもそも私、体重がなかなかひどいことになっているので、それこそダイエットもかねて控えないといけないので、もはやおやつを食べるのは「甘え」なんだろうなとは思っているんです。

でも、ですね。
それでもですよ、食べたくなる瞬間ってやっぱりあるんです。
そんでもって、甘いお菓子はあれど私が求めているのは「しょっぱいおやつ」

できれば、スナック系。

だから太るんだよって声が聞こえてきました。
知ってます。

そして、色々と探してみて、低カロリーのスナック菓子、しかも「おいしい!」って商品を見つけたので、ご紹介します。

■低カロリーのしょっぱいおやつ ベイクドポテト

ずばり、その商品とは、【リセットボディ ベイクドポテト】

「しょっぱいおやつ」をあちこち探し回って、かつ、「おいしい!」と思えるスナック菓子を探し回った結果、この商品を見つけたんですよね。
他にも、タニタ食堂のおやつシリーズも食べたりしてたんですが、ポテトチップスに似たものってなるとこれが全然なくて……。

まぁ、じゃがいもは炭水化物=糖質だから仕方ないんですけども!

◆カロリーはポテチの約3分の2!

この【リセットボディ ベイクドポテト】
食べすぎを防止するために、個包装になっています。
これが4袋、1パック入り

この商品の何が嬉しいって、この個包装1つ食べても、なんとカロリーは約60kcal!
一枚、だいたい4kcalに抑えられてて、個包装分(16.5g)は単純計算で15枚前後入っています。

そして、普通のポテトチップス(カルビーうすしお)は60gで大体60枚~70枚前後入っているので、こちらを【リセットボディ ベイクドポテト】の個包装分で、単純に多いほうで計算しても17枚前後。
カロリーにいたっては、93kcalくらい。

若干リセットボディの方が少ないのですが、1枚1枚の食べ応えは断然こっち!!
ちょっと厚めのざくざく食感で、噛み応えがあるんですよ。
しかもカロリーは普通のポテトチップスより、3分の1くらい抑えられるんです。

すごくない????
すごいわ。

カロリーオフ商品らしく、ノンフライ製法なのですが、油分を75%もカットしているのでこのカロリー消費量になっているんですね。
しかも、こんにゃく粉を使っているからさらにオフ。
アサヒさんすごい。

◆食べすぎ防止に嬉しい個包装

あとね、このおやつ、個包装になっているのがとても嬉しいです。
なんでって、めちゃくちゃおいしくて手が止まらないから。

ちょっと意思が弱い黒豆猫なので、一袋60gもあったりすると、バリバリバリバリ全部食べきっちゃうんです。
一番ひどい時期だと、60gじゃきかずに100g以上入っているポテチでも、1日で食べてしまっていた体たらく。
それだけあのジャンクな味が好きだったんですね。今でも好きだけど。

まぁ、普通のポテチでも、自分で量を決めて分けてってやれば良いんですけど、ぶっちゃけ面倒じゃないですか。
なんかさっきから私のだめっぷりをこれでもかと押し出している気がしますが、だって面倒じゃないですか(繰り返す)

その点、最初から個包装されていて、一袋取り出したら、あとは棚の上でもなんでも、いつもの場所からちょっと遠い場所に置いておけば(これだけ面倒くさがりだと)食べすぎという事態を防げるんですよ。
個包装ってすごいね。今まで面倒だったけど、その面倒くささが逆に便利という。

面倒くさがりで良かった(あまり良くない)

スポンサーリンク

■低カロリーだけれど、低糖質ではない

と、ここまでがっつり推していてなんですが、【リセットボディ ベイクドポテト】
実は別に低糖質ではなかったりします。
ナンダッテー

むしろ、炭水化物量で見ると、普通のポテチのほうが低いことが多々あるんですよね。

【100g換算の糖質量】

リセットボディ ベイクドポテト(うすしお):60g
カルビー ポテトチップス(うすしお)   :48.6g
コイケヤ ポテトチップス(うましお)   :50.8g
プリングルス(うすしお)         :51.7g(炭水化物量)

ポテチの中でも高いカロリー&高い糖質のプリングルスであっても、51.7gの炭水化物量、という結果に。
特に糖質オフをうたっている商品ではないので、比べてしまうのもひどいかな、とは思いますが、糖尿病を患っている身としてはやっぱりこう、気になるところで……。

なので、単体としてみると、糖質は普通のポテチに軍配が上がるというところは、心にとどめないといけませんね。

ただフォローをするとすれば、やっぱり個包装である部分。
こうしてきっちり計算すると、普通のポテチの方が糖質量は低いのですが、一袋60gとか入っている商品をきっちり仕分けて量を加減して食べることができますか?ということです。

私は無理です(きっぱり)
自慢にならないけど。

食べる量のコントロールが行いやすく、カロリーの面においては優秀な【リセットボディ ベイクドポテト】
糖質量は気になるかもしれませんが、ほぼ確実に少量ですませられるおやつと、一気に大量に食べてしまう可能性の高いおやつ、どちらを選ぶかというと……私は断然、前者です。

あと、そんなにしょっちゅう食べるわけじゃないしね。
カロリーも、普通のポテチだと高くて、ダイエットをしている身ではつらい。

■ダイエット中でも、糖尿病でも、我慢しすぎは良くない

「ダイエット中だから」「糖尿病だから」etc……何もかも制限して生活していくのは、本当に大変です。
私、和菓子も大好きなんですけど、こればっかりは本当に食べるのがこわくて、糖尿病と診断されてからは一度も口にしていません。
食べていませんが、それでも和菓子が大好きなので、今、かなりつらいです。
スーパーとか、コンビニとか行くとついつい目が行ってしまいます。

 

黒豆猫「次、体重5%減したら和菓子食べても許される?」
空豆鳥「俺は許すけど、数字が許してくれるかはわからない」

 

黒豆猫の扱いがうまいパートナーです……。
我慢します……。

我慢する部分は、確かにあるんです。
しなくちゃいけないっていうこと、あるんです。

でも、だからこそ……少しの間だけ緩めても大丈夫なことについては、我慢し続ける必要はないと思っています。

しかも世の中、カロリーオフ、糖質オフの嗜好品が増えているわけですよ。
乗っからない手はないと思うんですよね。
おいしいのならなおさら。

という信念(?)のもと、今回は【リセットボディ ベイクドポテト】を紹介しました。
ちなみにお味は、「うすしお」「コンソメ」が出ています。

私が食べたのは「うすしお」だったんですが、パートナーにも一枚あげたところ大好評だったくらいおいしかったです。
これ、絶対「コンソメ」もおいしいはずなので、そのうち食べたいですね。

アサヒさん、今度はできれば糖質オフポテチが欲しいなー!!

ちなみにおやつはお昼ご飯の後に続けて食べてる黒豆猫でした。

 

【Amazon】

(=^・ ・^=)

コメント