-*糖尿病 教育入院記-Ⅴ- ~教育入院費用と食事と運動~*-

運動頑張る 教育入院記・通院記
運動頑張る
スポンサーリンク

教育入院についてのことは、今回でさっくりと締めようと思う。
何について書くか――記憶をたどりつつ、食事と運動についてだ。
教育入院で、私はどう過ごしてきたのか。

-*糖尿病 教育入院記-Ⅳ- ~教育入院の日・週間スケジュール~*- ←前回

こんにちは、黒豆猫です(=^・・^=)

前回は、主に検査のことについて私の結果を添えながら書かせていただきました。
そして、教育入院記は今回で締め、といたします。
理由は簡単、もうネタがない。

いや、厳密に言えばあるっちゃあるんですよ。
でも記事にしてまとめられるほどか、というとそうではなく。

専門的なあれこれとかの話になってしまうし、そういうものは後でまた見やすいようにシリーズ化しちゃおうと思います。

というわけで、教育入院記最終回は、病院での【食事と運動】について、お話しますね!
まぁ教育入院の記録は終わっても、月1の通院についてはお話しますけどね
なんだかんだ教育入院記が終わらなくて、1月の記事がまだっていう(=^・・^=)

 

 

 

教育入院中に出された食事内容と血糖値

病院で出されるご飯って、なんとなくイメージとして……

  • 少ない
  • 味気ない
  • めっちゃ薄味

こんな感じに思っていたんですよね。

実際、周囲からもそういう声が割と多く、「ここの病院はせめて美味しいと良いなぁ……」なんて思っていたものです。
あと孤独のグルメ(ドラマ)を見ていたんですが、ゴローちゃんがしょんぼりしていたのが脳裏にあったのかもしれない(笑)

多分、本当に病院によって違うんだと思います。
思いますが、私が入院した病院の入院食は、めちゃくちゃ美味しかった。

さすがプロというべきか、詳しいことはわからないのですが、品数がすごく多くて。
バランスもきっとしっかり考えられているんだろうな、という印象です。

特に驚いたのが、割と天丼とか、カレーとか、「アウトなんじゃ……?」と考えていた料理が出たこと。
あんかけ焼きそばとかも出たんですよ。

病院食-あんかけ焼きそば-

病院食-あんかけ焼きそば-

そうそう、こんな風にゼリーとか、果物とかもしっかり添えられていて。

正直ね、「これ本当に食べて良いの……?」と思ったものです。

私が入院中に食べている食事総カロリーは、1600。

ちゃんと完食してね、と言われていたので、毎食しっかり食べていました。
退院してから知ったのですが、どうも「カロリー制限」とか「糖質制限」とか様々な説があるみたいで。
現状だと、お医者さんからは「カロリー制限」を推されることが多いみたいですね。
Twitterとか見てると、時代は「糖質制限」が主流になりつつあるのかな?
言うて私も、なるべく糖質が抑えられるようには食事を採っているけども

さすが病院、きっちりした献立が立てられていたんですが、まぁ正直退院後こんなん無理だよね。

病院食-鮭ムニエル-

病院食-鮭ムニエル-

とか

病院食-メンチカツ-

病院食-メンチカツ-

とか

病院食-天ぷら-

病院食-天ぷら-

とか

いや、すごくおいしかったんだけれど!!

あと自分で作らない二週間は有り体に言って最高でした!!!!

ご覧の通り、量も結構あるし。
看護婦さんから毎日「ご飯足りてない?大丈夫?」って聞かれてたんだけど

むしろお腹いっぱいになって多かったです。

ちなみにですね、これら病院食を食べて、食後2時間後血糖値はどうなっていたかというと……
120を下がることはほぼありませんでした( ˙-˙ )

悲しいね

そう、入院前は空腹時血糖値が大体、170くらいだったんですけども。
この空腹時血糖値も目に見てめっちゃ下がった!!ってことがなかったんですよ。

「多少はちょっと減ったかな……?」くらいで、正直、そういう意味では「糖質制限もやった方が良いやんな」って思いました。
退院してからは、糖質OFFと書かれているものを買ったり、炭水化物を控えたり、1日の摂取量を減らしています。
問題は食費がな……あとたくさん作るのめんどくs(ry

私の退院後の食事事情については、今後もゆるゆる触れていけたらなと思います。

 
 
 

教育入院中の運動・ストレッチ

ラジオ体操

ラジオ体操

さて、教育入院中の1日スケジュールは、結構忙しかったです。
ただでさえ、結構検査や教室が詰められていたわけですが、朝・昼食後【ストレッチ教室】がありました。

実はこれ、強制参加ではなかったのですが……自分の体、健康のことですから。
なんなら教室のない夜も、自主的に運動は行っていました。
一人の運動が嫌いな私にしては本当頑張った記憶
もちろん継続が大事だよ

 

 

 

■朝のストレッチ教室

さて、平日の朝食後にはストレッチ教室1回目があります。
どんな内容か、というと……

  • ラジオ体操第一・第二
  • 全身をほぐすストレッチ
  • フットケア

こんな感じでした。

まずはラジオ体操第一・第二なんですが、通してやると結構息が上がるんですよね。
運動を専門にする看護師さんが前に出てくれて、どんな体操だったかわからなくてもなんとかなりました。

たった7分にも満たない体操ですが、割と息が上がる上がる……。

その後に、マットを出して、体をほぐすストレッチを行います。

首・肩・腕・足・股関節……ただ、無理のない範囲でできる内容でしたし、体を伸ばす、ほぐすがメインなので運動音痴だろうがなんとかなりました(笑)
あと、聞いて驚いたんですが、ストレッチを一通りと、ラジオ体操第一・第二をやるのでは、ストレッチの方が消費カロリーが多いんです。

意外だった
だって床に座ってぐいーって背中とか足とか首とか伸ばしてるだけなのに

そして、最後にフットケア。
……糖尿病患者は、水虫等の足の病気にとてもなりやすいらしいです。
血管・血液の病気なので、末端である手足……特に足は、合併症で感覚が鈍くなることもあり、怪我をしてしまっても気づかないことが多いんだとか。

 

だから毎日、足の様子はしっかりと見て、マッサージをしてほぐし、血液の流れを良くしましょうね、ということでした。
もちろん、退院後もフットケアは欠かさずやっております。

 

 

 

■昼のストレッチ教室

さて、お昼です。
ご飯を食べたらやっぱりストレッチ教室です。

お昼ご飯は結構量が多いというか、おかずが多くて摂取量がなんとなく多い食事内容でした。
だからか、お昼のストレッチ教室は朝よりもちょっぴりハード。

  • ラジオ体操第一・第二
  • 体をほぐすストレッチ
  • 軽い筋トレ

ラジオ体操第一・第二とストレッチに加えて、筋トレが追加されます。

とはいえ、ご老人でもできる、運動が苦手でもできる範囲の軽いものです。
ただね、それでもね。

汗だくだくになるくらいの運動量

というか私はそもそも、ラジオ体操とストレッチでじんわり汗をかくレベルで運動してこなかったんですよ!
筋トレ混ざって膝を立てた状態での腕立て伏せとか中途半端な位置まで頭を持ってくる腹筋とか割とつらい。

良い汗はかきましたけどね!!
基本的に動きもゆっくりしているから、勢いよく動くよりも辛かったです(笑)

加えて後半は、エアロバイクや、腕の動きも追加されたエアロバイクみたいな機械も使って運動していました。
もはや運動後血糖値を下げるため、というよりは、痩せるために自主的にしてたけど。

 

 

 

■夕食後の運動

夜はストレッチ教室はないのですが、それでも先生と看護師さんからは、自主的に動くように勧められました。
食後の血糖値を下げる目的もあったでしょうね。
運動後にお風呂やら洗濯やらしていると、結構時間がカツカツでしたが(笑)

というわけで、2週間まるまるっと自主的に運動をしていました。

いや本当ね、もくもくと運動ができるタイプでも、好きなタイプでもないのに良くやったな、と思います。
後半は、YouTube動画を見ながらもくもくとエアロバイクとか、機械を使って運動していました。

私みたいな運動が嫌い!面倒くさいこと嫌い!!タイプにはやっぱりおすすめです。

動画みながら(何かしながら)運動

ちなみにヒカルさんの動画をめっちゃ見てました
ある程度見終わったら遊楽舎の動画を見てました
更にはロシアン佐藤さんを見てました

最強ですよ、運動しながら他のことをするって。
今も記事を書きながら、足だけエアロバイクで運動してます(キリッ)

なお同時期に買ったステッパーは完全に置物と化した模様
いやだってあれ記事書きながらはできないし…………

退院後は、パートナーと一緒に散歩へ出かけたりもしてます。
何ならラジオ体操をやった後に散歩したり。
誰かと一緒に歩けるっていうだけでも、私にとっては大事なモチベーションになります。

 

 

 

教育入院を終えて…… 入院費用は約27万円

運動頑張る

運動頑張る

と、まぁ、こんな感じで入院中は過ごしていました。
完全に時間が空く時は、読書をしたり、積んでいるTRPGを読み漁ったり、途中からSwitchを病室TVにつなげてポケモンで遊んだり……。

うん、正直ね、かなり健康的な生活を送ったと思います。

22時に就寝して、朝の6時に起きてたし。
ご飯は出てくるし、運動もできるし。
糖尿病に関しての勉強もできたし。

充実はしていました。

入院費用は半端なかったけどな。

個室を選んでしまった、というのもありますが、限度額の手続き(医療費を抑えられる制度)を利用しても、食事代や部屋代はここに入らないので……。

約27万円の入院費となりましとさ。

パートナーには頭が上がりません。
本当にありがとう……ありがとう……。

いいか、言っておくぞ……保険は入っておくべきだぞ……。
絶対に入っておくんだ……これはフリじゃない。
保険に入らずだとこれだけかかる可能性があるんだ……。

正直、パートナーがいなければ15年後くらいに私はぽっくりだったと思います。
実家の方が払えるわけないし、吸い取られていた私自身でだって払えない……。

あ、これは個室の話なので、4人部屋とかだともっと下がります。
限度額の制度を利用すれば、薄給の場合(言い方)10万ちょっと超えるくらいになるんじゃないかな。
少なくとも、私の場合はそれくらいの計算です。

保険大事ですよまじで。
使わないように過ごせるのが一番ですけどね!!

それでは、次回からこのカテゴリは月1回の通院記になると思います。
とはいえ、食事や運動、糖尿病知識関連などもゆるゆるっと発信はしますけども。

それでは、またいずれ!!

 

 

 

 

 

(=^・・^=)

コメント