3000文字チャレンジ

3000文字チャレンジ

-*日本異世界管理コールセンターでございます*-

この数年、地球・日本から多くの人が異世界へ召喚、もしくは転生している。そしてそれをひっそりと支えているのは、コールセンターであった。
3000文字チャレンジ

-*す き な ば し ょ*-

私の世界はここだけだった。だから、今も昔も、ずっとずっとここが大好きなのだ。――【すきなばしょ】
3000文字チャレンジ

-*収穫*-

さて、時期がやってきた。そうでなくても最近不足気味で、備蓄もなくなってきていた。さぁ、収穫に行こう!――【収穫】
3000文字チャレンジ

-*個人映画館*-

どこかの街の、どこかの裏道。人通りは多いような、そうでもないような。そんな場所にひっそりと、息を潜めるようにその映画館は存在していた。ーー【個人映画館】
3000文字チャレンジ

-*ダイス勝負師の日常*-

魔法の種類は数あれど、召喚魔法はほぼ失われた技術である世界。しかし長い時間をかけて、それらを「安定して」使用できるようにした技術が発展し、もはや召喚魔法は娯楽と呼べる存在になったのであった。
3000文字チャレンジ

-*フレグランス、売ります、買います、作ります*-

その店は、大通りから外れた細い路地裏の先にひっそりと佇んでいた。店の前を通ると、ふわり、と甘い香りがした。
3000文字チャレンジ

-*ひととせの夏、橋の夢*-

その夏は、ひどく蒸し暑かった。軽やかな鈴の音に、救われる。……その夏は、ひどく蒸し暑かったように、思えた。
3000文字チャレンジ

-*3000文字登山のすゝめ*-

3000文字登山のすゝめ 3000文字おすすめをもう一丁。メイキングの話題が出ていたので、ちょっくら自分のやり方を紐解いてみました。いやね、あのね、なんか難しいことはあんまり考えてなくてね、感覚で書いてるものだから紐解きに時間がかかりましたね。全部紐解けてない気もする。
3000文字チャレンジ

-*【○○】のすゝめ*-

黒い影。白い地面。テンションの高い男。どこだろう、と思う間もなく彼はぺらぺらと喋りだし、影に手を差し伸ばす。――「○○、おすすめだよ!」
3000文字チャレンジ

-*歩む道先、選ぶ朝*-

こぼりたつやさん(@tatsuya_kobori)主催の#3000文字チャレンジ シリーズ
スポンサーリンク