–*痩せて改善を目指す!糖尿病*–

☆ 糖尿病暮らし
スポンサーリンク

こんにちは、黒豆猫です๑•̀ㅁ•́ฅ

今日は帰りに、大好物のいちごを買ってきました。
ひとパック500円ほどで、ちょーっと高いなーと思いつつも、実はちょっとした自分へのご褒美です。
ブログを始める以前からダイエットを始めていたのですが、当初の目標だった現在の体重の5%を減らすことに成
功しました!

私は、2型の糖尿病です。
会社の健康診断で思いっきり血糖値の数値に引っかかり、重い気分になりながらも専門の病院へ行き、発覚しました。

糖尿病の初期症状は、知っていますか?

実は自分自身で疑惑を持っていた、糖尿病初期症状

  • やたらと喉が乾く、飲み物が欲しくなる。
  • トイレに行く回数が増える、尿の量が増える。

実は、春か夏ごろから、上記のような症状が出ていました。
そして、健康診断に行く前から、「のどが渇いて仕方がない」「トイレの回数がすごく増えた」というのが、糖尿病に関わる症状ということを、知識として持っていました。

これ、知っていたのって実は漫画が元だったりします。「イタズラなKiss」って少女漫画、知ってる人はいるかな?

でも、健康診断で結果が出るまでは、「自分は大丈夫である」という安心を得たいために、インターネットで意味もなく「糖尿病 大丈夫」「糖尿病 症状」とかで、検索を繰り返していました。
これ、めちゃくちゃ意味がない行動だったと、今では思っていますし、当時も思ってはいたんですよね。

現実から目をそらしたかったんだろうなぁ、ということと、まさか自分が、と思っていた気持ちも、ありました。
糖尿病だと確定するのが怖い、という気持ちもあったと思います。
何せ運動嫌いで、食べるのが大好きなものですから……。

でも幸いなことに、そのすぐ後に健康診断があり、どうあがいてもこれはもう、「糖尿病だ」と確信にも近い気持ちを持って、病院へ行くことができました。

もうひとつ、後押ししてくれたのは、パートナーの存在でもあり。
彼に健康診断の結果を見せて、共有することで、むしろ半分以上「行くしか無い」という気持ちにさせてくれました。
感謝しきり、しきり(*´ω`*)

糖尿病の型

通院や入院のことは、またおいおい。
結構最近の記憶なのではっきりしています(笑)

2型糖尿病と診断されたわけですが、この2型の中にもいろいろな型があるんですよね。
私が病院へ行って判明したのは、「インスリンがどばどば出ているけど、めっちゃ効きにくい身体」だということでした。
2型には、以下の3種類があります。

  • 膵臓が弱っていて、身体がインスリンを作れない
  • 膵臓は弱っているけど、ちょっとだけ身体でインスリンが作れる
  • 膵臓は結構元気でインスリンがどばどば出ているけど、インスリンが効きにくい

私は上から3つ目、ということですね。
インスリンというのは、【唯一血糖値を下げてくれるホルモン】なわけですが、これが大量に出ているのに血糖値ががんがん上がっている状態です。
ではそれはなぜか。答えはシンプルで、とても簡単。

黒豆猫がおデブだから!!

運動不足もたたってます。運動嫌いだからね!これでデスクワークすればそりゃ運動不足よ!

そんなわけで、基本的な糖尿病治療と一緒に、減量・ダイエットに励んでいるわけです。
ただ、がむしゃらにどんどん減らせば良いわけじゃなくて、また後ほどお話したいと思いますが、「2年かけてのメタボからの脱出教室」みたいなところで、時間をかけて減らしていくのが目標、と言われました。

だから、本当にゆっくり、毎日少しずつ頑張って、ひとまずは【現体重の5%減】を目標に頑張っていたわけです。
そして私は、1回目のその目標を達成したわけです。実際に達成したのは数日前ですが、【目標体重もといそれよりちょっと下】あたりで安定したので、達成としました。

…………。

ちなみにですね。
入院当初の体重は、ええと。

92Kgでした。

身長は154cmくらいです。

今は減量少し成功したので、87kg前後をうろついています!
BMIは相変わらずひどいですけど!

インスリンが効きにくいのって、こういうおデブちゃんな身体に溜め込んでいる脂肪のせいっていうのがほとんどなんですって。
ほんの1,2kg痩せるだけでも、だいぶ違ってくると主治医の先生が言っていました。

次の目標は【82.6kg】ぐらいですね。
ひとまずいちごを頬張りながら、またこの目標目指してダイエット、頑張っていきます。

(=^・・^=)<書きながら漕いでます)

コメント

  1. […] こちらでも綴りました通り、私は2型の糖尿病です。生まれて20ウン年、高校を卒業してから初めて(会社の)健康診断へ行ってきました。健康診断の結果が返ってきて、まず目についたH […]

  2. […] と言われています。【–病気と体重とご褒美–】でも綴りましたが、 […]